コネクタ、データ、チャネルの三層で構成

アットハブは、デバイスインターフェースのコネクタ(デバイス層)と抽象化データを格納するデータ(データ層)、業務システムに連携するチャネル(業務層)の三層で構成されています。

コネクタ、データ、チャネルの3層で構成

コネクタとは

コネクタはアットハブのログデータを作り出すハードウェア、ソフトウェアです。

IoTセンサ、ICカード、電話、スマホアプリ、『いつ』『どこで』『だれが』『なにを』のデータを作り出せるものであればハードウェア、ソフトウェア問わずアットハブのコネクタになることができます。またAPIを準備しておりますので、お客様独自のコネクタの開発も可能です。

コネクタとは 対応機器についてはこちら

データとは

コネクタで発生したログデータは『いつ』『どこで』『だれが』『なにを』に抽象化されて格納します。

『いつ』には、ICカードをかざした、キーボードから値を入力した、センサーが反応した、電話を掛けたなど、データが発生した時間、サーバに到達した時間などが格納されます。『どこで』には、緯度・経度に限らず、端末の置かれた場所、発信元電話番号など場所と紐付くデータが格納されます。『だれが』には、最終的に人を特定できる元となるデータが格納されます。

いつ

いつ

クライアント時刻
経由サーバ時刻
アットハブサーバ到達時刻

どこで

どこで

端末番号
緯度・経度
電話番号(固定電話)

だれが

だれが

ICカード番号
社員番号
電話番号(携帯電話)

なにを

なにを

ステータス
(数値1,2,3…)
文字列

チャネルとは

アットハブのデータは業務に依存しない抽象化されたデータで格納されているためクラウドサービス、基幹系・情報系システム、EAI/ETLツールつながるものを選びません。

API連携をはじめ、プラットフォーム、システム毎の連携方法に準じたチャネルをご用意。ファイル連携も可能ですので、クラウドシステムだけではなくオンプレミスのレガシーシステムへの連携も可能です。

チャネルとは 活用例についてはこちら
Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Google、および Google Cloud Platform は、Google Inc.の商標または登録商標です。
Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Salesforce、Salesforce ロゴ、Salesforce CRM は米国その他の国における米セールスフォース・ドットコム(salesforce.com,inc.)の登録商標または商標です。
サイボウズ、Cybozuおよびkintoneはサイボウズ株式会社の登録商標です。
「HULFT」その他「HULFT」関連製品は、セゾン情報システムズの登録商標です。
「DataSpider Servista」は、株式会社アプレッソの登録商標です。
インフォテリア、ASTERIA、Handbookはインフォテリア株式会社の登録商標です。
その他記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。