つながるつかえる
IoTプラットフォーム

『いつ』『どこで』『だれが』『なにを』の
データを集積して業務システムに連携
アットハブは、ログデータの活用度を
飛躍的に高めるIoTプラットフォームです

全ての業務データは 『いつ』『どこで』『だれが』『なにを』 抽象化されたログデータがシステム構築を容易にします

アットハブは、さまざまなハードウェアやソフトウェアから、『いつ』『どこで』『だれが』『なにを』といったログデータを集積し、
その先の業務システムにデータを連携するハブシステムです。ログデータを抽象化することで、
そのログを作り出すハードウェアやソフトウェアは業務システムに依存しない部品となり、システム構築を容易にします。

全ての業務データは『いつ』・『どこで』・『だれが』・『なにを』抽象化されたログデータがシステ構築を容易にします 詳しくはこちら

つながるつかえる さまざまな機器から、さまざまな業務へ、ログデータを連携

つながる

つながる

さまざまなデバイスやソフトウェアから
ログデータを集積できます

詳しくはこちら

つかえる

つかえる

多様な業務システムと柔軟に連携して
ログデータを活用できます

詳しくはこちら

コネクタ、データ、チャネルの三層構成で 抽象化する仕組み

コネクタCONNECTOR

CONNECTOR

詳しくはこちら

チャネルCHANNEL

CHANNEL

詳しくはこちら

アットハブは、お客さまのアイデア次第で 活用の幅がどんどん広がります

勤務状況の客観的記録
簡易的な入退場管理
施設の稼働状況の把握
点呼業務の効率化
簡易的な状況報告
and more...

詳しくはこちら

記載されている会社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。